「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

夢は夢なのよ

 

 

皆さま3連休はいかがお過ごしですか?

 

どうも!ちょっぴり体調を崩してブログを更新できずにいた、ぽんです! _(:3」 ∠ )_

 

 

本日はずばり、「悪夢」のお話です!

 

 

皆様は眠った時、「夢」はよく見ちゃう方ですか?

それともほとんど見ない方ですか?

 

もしくは「見たような気がするけど…覚えてねーな!(^ω^) 」

 

というタイプでしょうか??

ちなみに私は3番目のタイプでした!

 

「でした」というのがポイントですよ!

 

というのも、前述の通り、私は夢を見てもほとんど覚えていないか、覚えていても、たとえそれが怖い夢でも、ぜんっぜん!気にしない、気にならないタイプだったんです。

 

ところがどっこい、

「うつ」はそういう能天気な私の記憶力を、変に歪めていったんですね。

 

大事なこと、覚えていなくてはいけないものは覚えられないのに(集中力の低下?)、「夢」はしっかり覚えてるんです。

 

ここでやっかいなのは、いい夢、楽しい夢を見なくなって、悪夢ばかり見るようになったのです。

 

しかも、全くのフィクションではなく、過去のトラウマなんかの、現実的な恐怖を見るのです。

 

 

例えば子供の頃にいじわるされた時の記憶の夢や、仕事で失敗するような夢ですね。

 

 

当時、エアコンの節約のために、私たち家族は一つの部屋に集合して寝ていたのですが、そうやって悪夢を見ている私は……

 

 

すんごい寝言と寝相になっていたようなのです!!

 

 f:id:utuu-nikki:20180917155446j:plain

 

過去のトラウマの夢を見る私「うおおううおう…ひどい〜…なんで私ばっかり〜…」(足をバタバタさせたり、怒りながら布団に叩きつけたり)

 

仕事で失敗する夢を見ている私「ああああうあううああ…申し訳ありませんんん…申し訳ううああ…」(足の痙攣)

 

f:id:utuu-nikki:20180917151828j:plain

 

とにかくもうえらいこと暴れたり、

寝言はなぜか起きているかのように、きっぱりはっきり謝罪したり怒っていたりするものですから、

家族は

 

「今夜も眠れないぜ( ◉ ω ◉)☆」

 

の状態だったそうな。

(こういう寝不足からの家族イライラが募って⬇︎の記事のときのような事件発生)

www.utuiro.com

www.utuiro.com

 

そうして眠りながら暴れ、罵声を飛ばし、涙を流し…と、一晩中忙しくして、

朝になって目が覚めると、夜に見た悪夢に心が引きずられて、悲しい、重苦しい、なんとも言えない沈んだ気持ちになるのです。

 

寝言や寝相だけならともかく(それでも相当なものだった)、

体を痙攣させたりするものですから、

心配した家族に睡眠外来や脳外科に連れて行かれたりもしましたが……

 

はい、異常なし!(ストレートネックが判明しただけ)

 

 

ある意味、はっきり原因が分かったほうが対策のしようもあるというのに、結局敵を発見できぬまま、

 

まあ、「うつ」が原因でしょう

 

というふんわりざっくりした結果しか見出せませんでした。_(:3」 ∠ )_

 

 

 

さて、こうなれば悪夢を見てしまうのは仕方ない、

ただ、その悪夢に、

「心をひきずられてしまう」

というのが、ヤベーんじゃねえの??( ´・ω・`)

 

という考えに落ち着きました。

 

ここで悩む私に、母は一発、名言をひねり出してくれたのです。

それがこちら!!

 

「夢は夢じゃ( ˘ω˘ ) 」

 

実際、過去のトラウマは、もう変えられない。

仕事の失敗の夢は、現実的に見えるけど現実にはまだなってない。

 

自分の1日を、「悪夢」のせいで落ち込んだまま過ごす必要はないじゃない。

 

そう言ったんですね。

 

そうか、そうだなー…

私は「夢」を見ているのであって、

未来予知をしたり、タイムスリップして過去に行ってるわけでもないんだわ。

 

そんな風に思えちゃったのです。

(とはいえそう思えるようになるには相当時間がかかった)

 

 

 

嘆いても仕方ない事と、起こるかどうかも分からないことにビクビクしていたら、もし、今日すごくいいことが起こったとしても、気がつかないかもしれない。

 

心が悪夢に引きずられたまま1日をスタートさせたら、それこそ、なんでもないようなアンラッキーを大げさに捉えて、次の悪夢を生むかもしれない。

 

そんなのって、しんどいわ。

 

 

もうこうなれば、夢を見るのは仕方なくても、それを引きずることはしたくない!

 

そんな想いのもと、悪夢を見たときは、家族に報告することにしたのです。

合言葉は「夢は夢じゃ( ˘ω˘ ) 」です!

 

私「ああ〜…また悪夢見たよお〜(´。⊙ω⊙。`)」

 家族「あいたたた〜…まあ夢は夢じゃ( ˘ω˘ ) 、はよ朝ごはん食え。」

私「りょ(了解)」

 

 

私の1日はそんな風に始まり、

体調の良し悪しに左右されながら、

それでも、「夢」は「夢」なのだ、と思って、とりあえずスタートさせられるようになったのです。

 

 

いまだ、私は過去のトラウマといったような悪夢を見て怯えることがあります。

でも、「夢は夢」という考えは定着してくれました。

そのおかげもあって、悪夢を見た日も元気に過ごせたりします。

 

 

皆さんは「現実的な悪夢」、見ますか?

それは近い将来、本当に起こることですか?

 

その夢がまだ、

「起こったらどうしよう…」

という夢ならば、大丈夫です。

 

もし本当に起こったとしたら、あなたは「夢」によって前準備ができた状態です。

起こらなければ、「夢は夢」です。

 

 

 

今晩あなたが、素敵な夢を見て、ぐっすり眠れますように……