「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

夢の国が楽しめない

 

どうも、ぽんです!( ・∇・)

 

今回は、私の大好きな某夢の国に行った時のお話です!

 

 f:id:utuu-nikki:20180912094241j:plain

 

私含め、私の家族は、某夢の国が大好きです!

 

とはいえ、私の住む県からはかなり離れたところにあるので、思いついたらすぐに行く!

というわけにはいかないのですが、

それでも、出来るだけ毎年行くようにしていました。

 

 

さてさて、私、いつもならこの夢の国に行くことが決定すると、

 

 

何着て行こうかなー!(^ω^)

おみやげとかグッズとかは何買おうかなー!(^ω^)

どのパレード見ようかなー!(^ω^)

何食べようかな!(^ω^)

 

 

と、ウキウキワクワクで事前学習(?)に余念がないのですが、

うつ病の私は、

 

 

楽しみだね……(しんどい)

 

 

人が多いだろうな、とか、

音楽の音量すごいだろうな、とか、

ただでさえ体力が最低まで落ちているというのに、広い夢の国を歩き回るのか…

 

ということを想像すると、それはそれはげんなりとしてしまっていました。

 

最初から前途多難です。

 

 

 

空港までの車内、寝てました。

飛行機内、寝てました。

 

普段ならガイドブックを片手に旅行のイメトレをしている所なのですが…(・∀・;)

 

 

 

そんなこんなで夢の国に到着!

 

軽快な音楽、楽しそうな家族連れや友人同士のグループの中に我々家族も飛び入りです!

 

楽しい、嬉しい、テンション上がっちゃう!!

 

…というフリをしました。

 

 

私は察していたんです。

家族が私のためにこの夢の国への旅行を計画してくれたことを。

 

実際、母からは

「夢の国に行けば少しは元気でるかな?」

と言われましたし。

 

 

本当はちっともテンションはあがっていなかったですし、

移動や大きな音、人の話し声は苦しかった。

 

トイレに行って動悸がおさまるまでこもったりもしました。

 

 

はっきり「つらい」と言えばよかったのですが、「自分」の優先順位が下がりきってしまっていた当時です。

 

 

せっかく私のために計画してくれたのに、行きたくないなんて言ったらがっかりさせちゃう……

がっかりさせたら嫌われちゃうかもしれない……

家族に見放されちゃうかもしれない……

怖い……

 

 

そんな思いで旅行計画に乗ったのです。

でも、もしかしたら母の言う通り、大好きな場所に行けば少し元気な自分に戻れるかもしれない……

 

不安と期待を持って行きました。

 

 

夢の国は、楽しそうな人たちでいっぱいです。

 

 

私はきっと、その中の一人にはなれていませんでした。

 

でも、無理やり楽しそうに笑顔を貼り付けていました。

 

信頼すべき家族にすら気を使って、本当の気持ちを伝えられませんでした。

 

 

 

帰りのフライトを待っている時、不意に泣いてしまいました。

 

どうしたのかと困って尋ねる家族に、

「楽しすぎて日常に戻りたくない」

なんて言いましたが、本心は違いました。

 

ただただショックだったのです。

 

好きでたまらなかったものを楽しめず、

家族にすら嘘をつき、

本心を誰にも言えないままの旅行がつらかったのです。

 

 

でも、今はこう思います。

 

行きたくなければ行きたくないとはっきり言えばよかったし、

つらいなら、しんどいなら、そのことをちゃんと言えばよかった。

無理に全力で楽しいフリなんてせずに、ちょっとだけ楽しめればよかった。

 

私が家族の立場なら、絶対がっかりしないし、見放したり、嫌ったりしません。

そんなこと考えもしないでしょう。

 

 

 本心を伝えることは怖いことだと思い込んでいました。

 

多分私は誰にでもいい格好をしたかったんです。

誰にも嫌われたくなかったんです。

 

 

出来れば誰からも好かれるようになれば嬉しいです。

でもそのために自分を犠牲にする必要はないんです。

 

本心をさらけ出してしまえ、というわけではありません。

嫌いな人に「嫌いだ」とはっきり言え、というわけでもありません。

 

自分の本当の気持ちを、ちゃんと大事にしてほしいのです。

私はそれが出来ずに苦しみましたから。

 

 

周りを頼っちゃいましょう。

つらいときはつらいと言う、悲しい時も同じです。

 

その代わり、あなたも頼られたら受け入れてあげればいいのだと思います。

そして、嬉しい時や楽しい時は、それを伝えるのがいいでしょう。

 

 

私は今やっと、周りに頼ることを覚えました。

自分の気持ちを隠して無理をすることをやめました。

 

そうしたらとても単純なことにも嬉しくなったり、楽しくなったり。

 

そしていろいろなことに感謝出来るようになりました。

 

心からニコニコ出来る機会がぐんと増えました。

 

 

 

この記事を読んでくださっているあなたが、自分自身の心を大切にして、

 

ニコニコ出来る時間がたくさんたくさん増えますように。