「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

食べるの大好き、だけどつきまとう罪悪感とイライラと悲しみ

 

こんにちは、ぽんです( ・∇・)

 

まずはちょっとした注意事項を……!

 

今回の内容はほぼほぼ私の自分本位な愚痴となっております。

しかもこれを書いている今現在進行形のイライラです。

文章にし、公開することで自分を落ち着かせている感じなので、

( ・∇・;;)となってしまうかもしれません。

なにとぞご理解いただきたいと思います……m(._.)m

 

 

 

まず大前提として、私、とっても太っています!

先日人間ドックを受けて、医者から

「痩せよう(^ω^;;)」

と言われたくらいです。

 

ただ、元々は私、痩せ型の人間でした。

⬇︎の記事でも若干触れております

www.utuiro.com

www.utuiro.com

 

なぜ太ったのかというと、

ストレスによる過食と、過眠が原因です。

 

仕事のストレス(に加えて仕事中の不規則な食事)から、以前は食が細かった私が、それはそれはたくさん食べるようになりました。

 

仕事を辞めてからも過食は続き、さらには体力の低下によってほとんど動くことも出来ず、過眠症状もあり、そこへ追い討ちをかけるように薬の副作用によって、私は急激に太っていきました。

 

 

現在は、当時よりは過食傾向は収まってきてはいますが、過眠症状は続いています。

体力も、以前よりはマシですが、それでも日々体調の良し悪しに左右され、運動もほとんど出来ません。

 

簡単に言えば、

食べる→寝る

の繰り返しですね。太らないわけがない。

 

 

さて、そういう私に対して、家族は

 

「痩せる努力をしよう」

 

と言うわけです。

人間ドックの結果にも、私以上に相当ショックを受けていましたから。

心配なのです。

 

 

その日から、家族によって食事の度に

「食べ過ぎ注意」

「腹八分目以下で」

などといった注意をされてからの「いただきます」となりました。

 

毎日、「食べ過ぎ注意」「腹八分目以下で」。

 

私はその度に

(わかってるよ)

(そのつもりだよ)

と内心ムッとしながらの食事でした。

 

 

まあ、体調のいい日はムッとしても、すぐそのイラつきは飛散していったのですが、

本日の私は非常に体調が悪かったわけです。

 

朝一度起きて、簡単な家事をした後、またぐったりと昼まで寝付いていました。

 

お昼ご飯はどうするか、と家にいた祖母と相談した際、

「気晴らしに外に食べに行くかー」

ということになりました。

 

 

さて、それではいただきます!

という時、家族からLINEが。

「大丈夫?元気?」

 

心配して送ってきたんですね。

私はすぐ、

「さっきまで寝付いてたけど、今は◯◯で食事してる」

と送信。

 

するとまたメッセージが。

なんだよー…(`・ω・´)

と思って見てみると、

 

「食べ過ぎに注意!!」

 

のメッセージ。

 

サーっと血の気が引きました。

 

今、それ言う?

なんで今?

やっと体調が落ち着いて、

これからおばあちゃんと楽しく食事、と言う時に?

 

そして同時に思いました。

 

私、太ってる。

太らなければ、こんな風にいちいち注意されながら食事することはなかったのに。

 

そこからは家族にLINEで皮肉を連投です。

自分が思いつく限りの皮肉と嫌味を送りました。

そうでもしなければ人目もはばからず泣いてしまいそうでした。

 

 

体調の悪さもあって、イライラが募っていました。

相手が「冗談のつもりだった」と言って私に何かを言ってきても、

それを冗談とは取れませんでした。

むしろ「冗談」で済まされることが腹立たしくてたまりませんでした。

「冗談」と言っていたのに、こちらが「冗談に取れない」と言うと、

「叱咤激励のつもりだった」と言い換えられることにも腹が立ちました。

 

 

家に帰るまで、必死で泣くのを堪えました。

 

 

私、どうして太ったんだっけ?

そうだ、過食と過眠と副作用だ。

なんで過食?

仕事のストレスだった。

過眠は?

うつの症状だ。

副作用は…

うつの薬だ。

 

なんでうつになった?

仕事が原因だ。

 

あの時、あの仕事を受けなければ、

こんな風にならなかった?

健康で、痩せてて、普通に生活してたのかな?

 

 

ダイエットすればいいじゃん、

運動しろよ

食事制限

 

 

分かっているんです。

ただ、体調の悪さを理由にしているだけの私なのでしょう。

 

それでも思わずにはいられませんでした。

 

私だって、好きで太ったんじゃない。

私だって、元の身体に戻りたい。

あの時違った選択をしていれば、

こんなくだらないことにイライラしたりしなかったのか。

 

 

過去には戻れません。

病気になったのも、こうして太ってしまったのも、

もうどうしようもないことです。

 

そう思いながら、出来るだけ前向きに「うつ」である自分と向き合ってきたつもりなのですが、

 

時々こうして体調が悪い時は、なんでもないことでイラついたり、落ち込んだりです。