「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

続・うつの私とその家族 〜side:family〜

 

こんばんは!

最近イラストを描くのにハマっています、

ぽん

です!(o^^o)

 

以前「うつの私とその家族」という記事を書きました。(見てくださったみなさんありがとうございます!!)

www.utuiro.com


 

実はこの記事を私の家族が読んだらしく、

以下のように言い上げてきました。

 

 

「物申す!!

我々の苦労がほとんど描写されていないではないか!!

物申す!!物申すぞ!!!」

 

f:id:utuu-nikki:20180907102109j:plain
 

今後いつまでも絡まれてはかなわないので、今回はあの深夜の脱走劇の

side:family(?)、ということで掘り下げて行きたいと思います。

 

 

 

ではまず母上さまから……

 

Q・まずは当時、ご自分の娘がうつの大波に飲み込まれて号泣&大暴れしているのを見て、どう感じましたか?

 その日だけじゃなくて、何日も何日も情緒不安定だったの。覚えてる??(覚えてない)

夜も昼もなく泣いていたから、こっちも眠れなくて、なんでうちの娘が…とか思ったり、私自身を責めたり……

そんなことの積み重ねがあってのその日だった。

んで、ついに私もプッツーーーン!!となったのよねー。(`・ω・´)

 

Q・娘が外に出て行ったのはすぐに気がつきましたか?

どうだったっけ??

気が付いた??(祖母に聞く)

すぐではないけど、間も無く…かなあ?

常に気にはしていたんだけど……( ・∇・)(犬と遊び始める)

 

Q・気づいた瞬間はどう思われました?

あ!!やっちまった!!と。

自分が娘に言ったことに対してね。

 

Q・探している時の心境を教えてください。

 まずは何事もないように、が半分。

もう半分は腹立つ〜〜!!かな。何でそうなるの!みたいな。

で、冷静な部分がね、山道を探し回るのが怖〜!!(´⊙ω⊙`;)って思ってた。

暗いしフクロウがホーホー鳴いてたりするし…怖かったわ〜〜!!(録画番組見始める)

 

Q・一度家に戻られた、そしたら娘も帰っていた、と。

 涙出た。

  

ありがとうございました。

 

では次に、祖母さま

 

Q・当時(孫が深夜に出て行った時)は、どう思われましたか?

(競馬新聞を読みながら)そりゃあ困ったわね。慌てふためいたわよ。

私は度胸据わってるのよ。その私でも、慌てふためいたわよ。

度胸据わってる私ですらどうしよう、と思ったもの。

「世の中金」と思っていたけど、それは二の次だと思ったわね。

私度胸据わってるのよ?

 

Q・捜索は母上さまと二人、手分けして?

(競馬新聞を略)そう。二手に分かれて。犬はほったらかしといたわ。

 

Q・ どんなことを考えながら捜索を?

夢中。震えた。でも気丈に振舞ってたわ。まあ言葉にはできない。

……私ほんと気丈なのよ?

まあ今となっては笑い話ね。

 

 Q・最後にお二人から、何か言いたいことがあれば。

 母「夜の山は怖い。」 

祖母さま「別にない。」

 

当時の心境をQ&A形式で答えていただきました。

 

 

以上でお分かりかと思いますが、

 

ほんっっっっとに苦労をかけました!! 

 

 言い訳するわけではありませんが、当時のこと、

 

私はぼんやりとしか覚えていません。

 

家族のこととか、夜中の道を歩く恐怖とか、寒さとか、まったく考えていませんでした。

 

でも、うつってそうなっちゃうみたいですね。

 

うつの波に襲われると、

頭が苦しみでいっぱいいっぱいになってしまって、

他のことが考えられない。

 

だから突拍子もない言動をしてしまう。

 

私も家族も、今だからこうして笑い話に出来るのですが、本来なら笑えねえ話ですよ。

 

でも、今やこうして当時を振り返り、

文章にして公開している。

家族ともゲラゲラ笑いながら当時のことを話している。

 

過去になってるんだなーと思います。(家族にとってはトラウマ)

 

とはいえ、この事を過去の笑い話に出来ているからといっても、

 

未だ私は過去の嫌な思い出が

なんの拍子か夢に出てきたり、思い出して気分が落ち込んだりします。

 

まだまだうつとの付き合いは続くのかもしれません。

 

でも、もしかしたら…

 

別れもすぐそこまで来ているのかもしれません。

 

苦しい、だからどこかへ逃げたい。

そんな気持ちになるのは当然だと思います。

きっと健康な人だってなるんじゃないでしょうか。

 

自分はおかしい、なんて思わないでください。

 

あなたの言動にあなた自身が恐怖を抱いているなら、

 

それは「うつ」というやっかいな奴が引き起こしているにすぎません。

 

 

私も早くこの「うつ」

 

身体からも心からも、完全に引き剥がして

 

今も過去も全部全部、笑い話にしたいものですね(^^)