「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

仕事はしたいが許可がでない!

 

お久しぶりです、ぽんです!(`・ω・´)

 

今回は前回の続きです!

(前回の記事⬇︎)

www.utuiro.com

 

さて、アルバイトをしたいな、という思いから、

医師に相談、

若干自分に都合のいいように医師の言葉を解釈して、

今度の壁は家族からの許可です。

 

 

 

現時点で家族に生活の面倒を見てもらってる以上、

成人してもうだいぶ経つとはいえ、やはり仕事(アルバイト)をするにあたって、家族からの許可は必須だな、と考えました。

なんせ復職失敗の時もワーワーやってしまいましたから。

 

しかし!

私は、家族はきっと喜んでくれると思っていたために、

うっかり家族間バトルのゴングを鳴らしてしまったのです……!!(決して故意ではない)

 

f:id:utuu-nikki:20181023085103j:plain

 

私「母上」

母「なんだ娘」

犬「ワン!」

私「アルバイトをすることにした。これだ。(求人票見せる)通信講座も受けたいからお金を稼ぎたい。」

母「エッ」

犬「ワワワン!!」

私「大丈夫だ。医師からの許可は(微妙だけど)もらっている(`・ω・´)。そういうわけだから頑張るね!」

母「娘、ちょっと待て」

犬「」

 

おや?家族の様子が……??

 

 

ここからは家族の言い分

 

「まず、今の時点でもうつの波が起こっては落ち着く、を繰り返している。そんな状態で仕事は可能なのか。

 

通信講座はいつでも受講出来るのだから、今じゃなくてもいいのでは。

 

焦って仕事をしようとしていないか。

 

まずは体を慣らす意味でも、ボランティアをしたり、図書館に通ったりすることをしばらく続けてはどうか。」

 

他にもたくさん言っていましたが、要約するとこんな感じです。

 

 

正直、家族は喜んでくれる、と思い込んでいただけに、単純に驚きました。

 

というのも、うつの波はこれからも起こりうるものとして付き合っていこう、

という話を家族間や医師を含めてしたこともありましたし、

仕事をするなら、まずはアルバイトから始めて、週2〜3日、短時間の仕事からにしようね、

なんてことも話したことがあったのです。

 

私自身としては、それを守ってアルバイトを探したつもりだったので、

なぜブレーキを踏ませるようなことを言うの?なんて思ったわけです。

 

 

さて、始めは家族も私も、お互いに落ち着いて話し合いをしていたわけですが、

だんだんヒートアップです。

 

泣いたり怒鳴ったりの大騒ぎをすることに。

 

家族側は私を心配するあまり、過保護とも言える干渉…

 

言い方悪すぎですね。(・ω・ )

 

とにかく、以前のように仕事が原因になって、

またうつのどん底に戻ってしまったらどうしよう、

また具合を悪くして仕事を辞めることになったらどうしよう…

という思いから、

 

仕事はまだ早い。

もうしばらく落ち着け。

 

という意見を曲げませんし、

 

私は私で自分勝手に特別根拠もなく、

 

大丈夫、以前のようにはならない。

通信講座で勉強したい。

自分のお小遣いくらいは稼げるようになりたい。(`・ω・´)

 

とあれやこれやとお互いに主張して譲りませんでした。

 

そうやって、私も、家族も泣いて、怒って、怒鳴って、また泣いて……

 

こうして文章にするとなんてことない感じに思えてきますが、

 

この時の揉め方といったら、それはそれは大変だったのです。

なんせ2〜3日気まずい空気でしたからね、やべぇ٩( ᐛ )و

 

 

そうして、やはり落ち着いて、ちゃんと話さなければ、

と、お互い思ったのか、家族会議は再び行われました。

でも、お互いの主張は変わっていません。

 

 

家族は、やはりまだ早いのではないか、という思いを語りました。

 

私は、以前の主張に、もう少し本音を入れました。

 

 

今、私はとりあえず普通の日常を送るようにしているよね。

 

具合が悪い時は休み、良い時は活動する。

でも、それはもう私は「出来るようになった」よね。

 

こういう、「普通の過ごし方」が出来なかった、

出来てないことに気付きもしなかった頃とは違うと、

私はそう思ってる。

 

だから、今度は負荷をかけることもしてみてもいいんじゃないかと思うの。

 

具合が悪いなら無理のない程度に動いて、

良い時はいつもよりちょっと頑張って…

 

そうやっていかないと、いつまでも私は「病気療養中」から動けないんじゃないか。

 

 

お金だって大事。

今はこうして養ってもらっているけど、うちは決して裕福な家庭ではないし、いつかは家族も定年で仕事を辞めるよね。

 

その時に慌てて仕事を始めるの?

それこそ焦ることにならない?

 

 

何より、

私は仕事が原因でうつになった。

うつになるほどの仕事をやってきた。

失敗はしてしまったけれど、

それでも私は私にとっての全力でやるだけやってきた。

 

それだけやった、やれたこともあった。

だから、

「仕事はうつの原因」

じゃなくて、

「うつだけど仕事出来てる」

くらいになりたい。

 

 

こんなようなことを伝えました。(実際は冷静には言えていない)

 

 

ほしいものや、やりたいことにお金がかかる。

無職のままでいたくない。

ちょうどいいんじゃないか、と思える求人を見つけた。

受かるかなんて分からないし、今の時点では何を心配しても、「落ちる」こともあるんだから、まずは挑戦させてほしい。

 

 

そのことも話しました。

全部全部、思いつく限りの

 

「仕事をしたい理由」

 

を伝えました。

 

 

家族は、分かってはくれたようですが、

それでもやっぱり心配で、何度か私の意思を確認しました。

 

 

そして、チャレンジすることを許可してくれました。

 

 

私は履歴書を持ってハローワークへ行けることになりました。

 

 

 

うつに限らず、病気はなかなか自由がききません。

 

やる気があっても動けないんです。

 

そこには、私のように、周囲の許可が重要な場合があれば、他にもいろいろな事情を抱えた方もいるでしょう。

 

でも、諦めることはないんじゃないかな、と思うのです。

 

結果的に「出来ない」ことになったとしても、

 

「やってみたい」「チャレンジしてみたい」

 

そういう「みたい」気持ちは持っててもいいんじゃないかな、と。

 

 

「諦めるな!何事にもチャレンジしろ!」というのではなくて、

 

「〜だったらいいな〜(*'ω'*)」

 

くらいの、ゆる〜い感覚で。

 

そういう思いが、

時々強い意思になって、

行動になって、

結果になるんじゃないかな、と思ったのです。

 

結果が残念に終わるかも、

でも、もしかしたら自分の考えた

 

「〜だったらいいな〜(*'ω'*)」

 

になれるかも。

 

私もまだ最終的に自分がどんな

「〜だったらいいな〜(*'ω'*)」

になるかは分かりませんが、

とりあえず許可を得られましたので、やるだけやってみようと思います!