「うつ」っていろいろ考えちゃう!

回復傾向にあるうつ病患者「ぽん」の あれやこれやなんやかんや

生まれたての子鹿かな??( ^ω^ )

 

今回、アイキャッチしろくまくん【@banban1971】さんに作っていただきました!

すごい!ちなみに私しろくまくんさんのファンなんです!

とても面白くてわかりやすい記事を書かれています!

⬇︎こちらがしろくまくんさんのブログです
oksirokuma.com

 

 

ではでは、

こんにちは、ぽんです。実は先日誕生日でした。(唐突)

自分にプレゼント、ということでペンタブを購入したため、お絵かきにかまけてブログの更新をサボってしまいました✌︎('ω'✌︎ )

 

 

今日はうつ病発症からも、少しの間仕事を続けていた私に現れた、とある恐怖の現象についてお話します。

 

 

最初の頃、私はメンタルクリニックの先生から、

 

「まだはっきりしたわけじゃないけど、現時点では適応障害かもしれないね」

 

と言われていました。

 

「うつ」とはっきりしていたわけではなかったんですね。

 

そんなこんなで病院に通うようになってからも、少しの間仕事を続けておりました。

それからの出来事をざっくり説明すると、

 

病院に通い始めるが仕事を少し続ける(★)

⬇︎

仕事辞める

⬇︎

自宅療養

⬇︎

ちょっとよくなったのでまた別の職場で仕事を始める(★)

⬇︎

また調子悪くなって退職

 

こんな感じ。

 

この中の★のところで主に現れた症状がありました。

それは、

 

 

足が震えて立ち上がれない。

 

 

というもの。

 

ホントなんです、ガチで立てませんでした。

いや、立ち上がろうとするんですよ?

 

でもなぜか、足の芯が抜けたような感覚でまともに立てなくなってしまうのです。

うまいこと「立てた!」と思ったらガクガクブルブル震えて歩けない。

(一応睡眠外来とかにも見てもらったのですがそういう時に限って症状が出ない)

 

 

脳裏に浮かびました。

 

生まれたての子鹿ちゃんの姿が。

 

 

腰が引けながらも必死に立つその姿は、子鹿ちゃんの他にも、某アルプスの少女と仲良しのお嬢様が、はじめて立ち上がったシーンが思い出されます。

 

 

とか言ってる場合じゃねーから!!

全然感動的シーンじゃねーから!!

 

 

失礼、言葉がすぎました。

 

なぜこんなに足が震えちゃうのかなーと、なんとなく分析(勝手に)したのですが、

 

どうやら私、寝ている間に足を痙攣させていたようなのです。

けっこう激しめに。

 

そして症状は仕事に行く日の前日に出ることが多い。

 

おそらく、痙攣は仕事に対するストレスから出て、

夜中じゅう続く痙攣で足は疲れて、朝には立てなくなる。

 

ということだったのではないかと。

 

勝手な推測で終わっているのは、睡眠外来でも、メンタルクリニックでも、特にこれといった理由が見つからなかったからです。

 

 

まあ立てない、歩けない、ではとても仕事に行けませんでした。

自分のこの症状(しかも原因がよく分からない)のせいで、

 

仕事に行く意欲はあるのに行けない

 

このことにものすごくショックを受けて朝から号泣したりしました。

「立てない〜立てないよ〜仕事なのに〜仕事行きたいのに〜」とか言いながら。

顔から出るもの全部出してました。

 

ここからは何となく

 

アッ(察し)

 

となると思いますが、

そう、仕事は続けられませんでした。

 

この辺りの話は、のちのちブログでまた詳しくお話したいと思います。

 

 

そうして、現在、うつもだいぶ回復してきた時、

精神科医をされている知人に会う機会がありました。

 

その方との話の中でふと、

 

「あれやこれや足の震えがどうのこうの」

 

という話を世間話程度にしていたところ、その方は

 

うつ病というのは、症状は何でもあり( ˘ω˘ ) 」

 

とおっしゃったんですね。

 

ほげー、そうなのか!と思いました。

 

声が出なくなるとか身体のどこかが痛むとか、ほんとに何でもありなんだとか。

 

ですから私の、「足の痙攣」も症状として出ても不思議じゃない。

 

 

ちょっと安心しました。

 

足の痙攣の、具体的な理由が分からない。

じゃあ私のうつ病はいったいなんなの?

というか私ほんとにうつ病なの?

分からない、どうしよう。

困った…困った………

 

そういう思いがずっと心の中に残っていたのですが、

 

理由とか原因とか、そういうのは関係なく、

とにかくうつが引き起こしている。

 

それが分かっただけでも安心できたのです。

変な話ですが。

 

 

うつ病(に限ることではないですが)は、さまざまな症状が出てもおかしくないのです。

 

時折、なぜか分からないけどしんどい、苦しい……

 

そんな症状に、

 

「自分はただ怠けてるだけじゃないだろうか……」

 

と、さらに悩み苦しむことがあります。

twitterなんかでも同じように思う方を見かけたりします。

 

 

でも、あなたは決して怠けてなんかいません。

 

こんな病気じゃなければ……

 

そう思っているあなた。

 

 

病気を憎むあなたは、病気に勝ちたいあなたなんだと思います。

 

勝ちたいと願っている人が、怠け者になんてなるでしょうか。

 

私はそうは思いません。

 

私もこう思えるようになるまで時間がかかりましたが、

 

今はそう思います。

 

あなたの苦しみの全部を、別の誰かに分かってもらうのは難しいことです。

それが身内であれ、親しい誰かであれ。

 

だからどうか、あなた自身は、

あなたの苦しみを信じてあげてください。

 

そしてその苦しみに、あなたは立ち向かっている、

 

戦おうとしている

 

時々苦しみが強すぎて

 

忘れてしまうことかもしれません。

 

でもちゃんと、思い出してあげてください。

 

戦っているあなた自身を。